産業用インクジェットプリンタ (印字機/IJP)

ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社が取扱う産業用インクジェットプリンター(印字機)の製品一覧ページです。

弊社では食品の個包装などに賞味期限や消費期限、日付、ロット番号、製造所固有番号などを印字する小文字・個別パッケージ用、メンテナンスがほぼ不要で扱いやすい小文字・紙箱用、段ボールやカートンボックスなど製品の外箱に大きな文字や絵柄を印字する大文字・段ボール用など、様々な印字用途に適した産業用インクジェットプリンターを取り揃えています。

小文字・個別パッケージ用 産業用インクジェットプリンタ(印字機/ CIJP)

連続型産業用インクジェットプリンタ(IJP)の仕組み

産業用インクジェットプリンタ ドット文字

小文字用インクジェットプリンター(印字機/IJP)の仕組み

連続型/コンティニュアス型
小文字用産業用インクジェットプリンターは、主に工場などの製造現場で賞味期限や消費期限等の日付、ロット番号、製造所固有番号、バーコードなどのマーキングに使用されています。このプリンタは印字をしていない間もインクを常時噴射しているため、連続型またはコンティニュアス型プリンタ、CIJP(Continuous Inkjet Printer)と呼ばれています。

文字が印字されるまで
プリンタ内では帯電物質を含んだインクがポンプによって、インクリザーバーと呼ばれるインクタンクからプリントヘッドに送り出されます。インクは小さなノズルを通して噴射され、さらに超音波振動によって毎秒数万個の均一で小さなインクの粒に分解されます。

粒になったインクは、帯電電極板の間を通る際にひとつひとつ異なる電圧で帯電され、一定電圧のかかった偏向板の間を通過する際に帯電量に応じて偏向されます。つまり、高い帯電量をもったインク粒ほど遠くへ偏向され、低い帯電量を持ったインク粒ほど手前に落ちて、5×5、7×5、12×10、16×10、21×15、といったドッドマトリックスの文字を形成します。

文字を形成する上で必要のないインク粒は帯電されずに、そのまま真っ直ぐガターに入り、インクタンクへ回収されて再利用されます。

主な用途
紙箱、プラスチック容器、包装フィルム、金属部品、電子部品、医薬品容器、ガラス容器などに賞味期限や消費期限、製造所記号、バーコード、2次元コード等を印字。

 
 
産業用インクジェットプリンター(IJP)とは

販売終了した製品

【販売終了】ドミノAシリーズ i-Tech A320i/A420i

産業用インクジェットプリンタ(印字機)

【販売終了】ドミノAシリーズ GP A120/A220

産業用インクジェットプリンタ(印字機)

【販売終了】ビーデンバッハ CS407

顔料系産業用インクジェットプリンタ

【販売終了】ドミノAシリーズ プラス A200+/A300+

産業用インクジェットプリンタ(印字機)

小文字・紙箱用 産業用インクジェットプリンタ(印字機/ TIJ)

小文字・紙箱用 産業用インクジェットプリンタ印字イメージ

サーマル式インクジェットプリンター

小文字・紙箱用インクジェットプリンタ(印字機/ TIJ)とは

主に化粧箱や段ボールなど浸透性がある素材に、印字高さ1~5cm前後の文字等を印字するのに最適な産業用のインクジェットプリンター(IJP)です。

このプリンターは、縦に並んだノズルから必要なときだけ必要な部分のインクを吐出する仕組みから、オンデマンド型(DOD/ドロップ・オン・デマンド)プリンターに分類されます。

DODの中でもインク室内に取りつけたヒーターを瞬間的に高温加熱し、発生した気泡によってインクを押し出して印字するタイプのプリンターはサーマル式/ TIJ(Thermal Ink Jet)と呼ばれます。

サーマル式プリンターのインクは水ベースまたはアルコールベースのインクが主流です。これらのインクは環境に優しく有機則に非該当なことが利点ですが、接着性が弱くプラスチックや金属、ガラスなど浸透性の低い素材への印字に不向きと言われてきました。

しかし、近年ではインクの開発が進み、速乾性や接着性に優れたインクも使用可能になっています。

オンデマンド型インクジェットプリンタは、連続型/コンティニュアス型プリンタ(最大32ドット)に比べると、最大300~600ドットの高解像度の滑らかな文字やバーコード、グラフィックスを印字できます。

主な用途
段ボール、カートンボックス、外装箱。
プラスチックや金属などへの印字も可能。(素材による)

サーマル式インクジェットプリンターの特長と製品ラインナップ

販売終了した製品

【販売終了】WMS iJET プリント

産業用インクジェットプリンタ|小文字・紙箱用

大文字・段ボール用 産業用インクジェットプリンタ(印字機/ Piezo)

大文字・段ボール印字用インクジェットプリンター(IJP) 製品一覧

ピエゾ式プリンターの仕組み

大文字用インクジェットプリンタ(印字機/ Piezo)とは

段ボールや外装箱などに比較的大きめの文字等を直接印字したり、製品名・内容物・賞味期限・バーコードなどを複数行でまとめて一括印字したりするなど、印字範囲(印字高さ)が10cm前後~数10cmになる内容を印字できるプリンターを、『大文字用インクジェットプリンター』と呼びます。

大文字用インクジェットプリンタ(印字機/ DODとPiezo)の仕組み
大文字用インクジェットプリンタは、縦に並んだノズルから必要なときだけ必要な部分のインクを吐出する仕組みから、オンデマンド型(DOD/ドロップ・オン・デマンド)プリンタと呼ばれていますが、その中でも電圧を加えると体積が変化するピエゾ素子(圧電素子)をインクが充填されたユニットに取り付け、印字内容に応じてピエゾ素子を変形させることでノズルからインクを押し出して印字するタイプのプリンターをピエゾ式 / Piezoといいます。

オンデマンド型インクジェットプリンタは、連続型/コンティニュアス型プリンタ(最大32ドット)に比べると、最大300~600ドットの高解像度の滑らかな文字やバーコード、グラフィックスを印字できます。

主な用途
段ボール、カートンボックス、外装箱、木材・建材などに大きいサイズの文字、ロゴ/グラフィック、バーコード、2次元コードなどを印字。

ピエゾ式インクジェットプリンターの特長と製品ラインナップ

販売終了した製品

【販売終了】段ボール用プリンタ(印字機) ドミノGシリーズ i-Tech

産業用インクジェットプリンタ|大文字・段ボール用

無料印字サンプル作成
&デモ依頼フォーム

製品に関するご相談はこちら

国内営業部

  • 東京:Tel.0120-958-184
  • お電話での受付時間:9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る