産業用インクジェットプリンタ (印字機/IJP)

ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社が取扱う産業用インクジェットプリンター(印字機)の製品一覧ページです。

弊社では食品の個包装などに賞味期限や消費期限、日付、ロット番号、製造所固有番号などを印字する小文字・個別パッケージ用、メンテナンスがほぼ不要で扱いやすい小文字・紙箱用、段ボールやカートンボックスなど製品の外箱に大きな文字や絵柄を印字する大文字・段ボール用など、様々な印字用途に適した産業用インクジェットプリンターを取り揃えています。

小文字・紙箱用 産業用インクジェットプリンタ(印字機/ TIJ)

小文字・紙箱用 産業用インクジェットプリンタ印字イメージ

サーマル式インクジェットプリンター

小文字・紙箱用インクジェットプリンタ(印字機/ TIJ)とは

主に化粧箱や段ボールなど浸透性がある素材に、印字高さ1~5cm前後の文字等を印字するのに最適な産業用のインクジェットプリンター(IJP)です。

このプリンターは、縦に並んだノズルから必要なときだけ必要な部分のインクを吐出する仕組みから、オンデマンド型(DOD/ドロップ・オン・デマンド)プリンターに分類されます。

DODの中でもインク室内に取りつけたヒーターを瞬間的に高温加熱し、発生した気泡によってインクを押し出して印字するタイプのプリンターはサーマル式/ TIJ(Thermal Ink Jet)と呼ばれます。

サーマル式プリンターのインクは水ベースまたはアルコールベースのインクが主流です。これらのインクは環境に優しく有機則に非該当なことが利点ですが、接着性が弱くプラスチックや金属、ガラスなど浸透性の低い素材への印字に不向きと言われてきました。

しかし、近年ではインクの開発が進み、速乾性や接着性に優れたインクも使用可能になっています。

オンデマンド型インクジェットプリンタは、連続型/コンティニュアス型プリンタ(最大32ドット)に比べると、最大300~600ドットの高解像度の滑らかな文字やバーコード、グラフィックスを印字できます。

主な用途
段ボール、カートンボックス、外装箱。
プラスチックや金属などへの印字も可能。(素材による)

サーマル式インクジェットプリンターの特長と製品ラインナップ

販売終了した製品

【販売終了】WMS iJET プリント

産業用インクジェットプリンタ|小文字・紙箱用

無料印字サンプル作成
&デモ依頼フォーム

製品に関するご相談はこちら

国内営業部

  • 東京:Tel.0120-958-184
  • お電話での受付時間:9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る