保守サービスのご提供にあたって

1.ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社(以下「弊社」といいます)のご提案する保守サービス(以下「本サービス」といいます)が必要となった原因が以下のいずれかの事由に起因することが判明した場合、当初見積金額への追加が生じる、又は当該サービス内容が実施できない可能性があります。
①本サービスの対象機器(以下「本対象機器」といいます)お客様又は第三者の保管若しくは取扱上の不注意による場合
②本対象機器の仕様上想定していない態様により本対象機器を使用したことによる場合
③本対象機器の仕様上想定していない態様又は品質により本対象機器を改造又は変更し、若しくは他の製品又は設備等に組み込んだことによる場合(但し、弊社の書面同意のもと、当該本対象機器を改造又は変更し、若しくは他の製品又は設備等に組み込んだことによる場合を除きますが、事前に本対象機器の組み込みの概要及びその設計仕様につき弊社が具体的に把握していることを条件とします。)
④本対象機器の修理が弊社又は弊社の指定業者以外の手によりなされたことによる場合(但し、お客様が弊社の指示(テレフォンサービス、製品マニュアル、弊社主催の無償トレーニングを含む)に従って修理した場合を除きます)
⑤本対象機器用の純正消耗品以外の消耗品を使用したことによる場合
⑥本対象機器以外の外部原因(納入後の装置の移動、輸送等を含む)による場合
⑦天災、地変、火災、洪水、落雷、異常電圧、感染症、公害、塩害、異物又は害虫の侵入等の不可抗力による場合
⑧本対象機器を弊社の事前の書面による承諾なく日本国外で使用したことによる場合
⑨前各号の他、弊社の責に帰さない事由により生じた場合

2.弊社は、本サービスの全部又は一部を第三者に再委託することができるものとします。但し、弊社は、当該第三者に対し本サービス遂行上の義務を遵守させるものとし、その履行についてお客様に対し一切の責任を負うものとします。

3.弊社は、本サービス完了後1カ月以内に同一トラブルが生じた場合、自らの責任と負担において当該不一致の解消のために必要な措置を講じるものとします。但し、当該措置を講じる際に新たな部品交換が必要となった場合の部品代については、お客様の負担とします。

4.上記3.にかかわらず、以下のいずれかの事由に起因する場合は、弊社は責任を負いません。:
①本サービス完了後に生じた原因による場合
②本サービス対象外の原因による場合
③経年劣化その他による本対象機器の機能低下による場合
④天災、地変、火災、洪水、落雷、異常電圧、感染症、公害、塩害、異物又は害虫の侵入等の不可抗力による場合
⑤前各号の他、弊社の責に帰さない事由による場合

5.お客様は、弊社による本サービスの遂行に最大限協力頂くものとし、次の各号の事項を遵守するものとします。
①本対象機器の使用方法に関する弊社の説明事項(製品マニュアル、弊社主催の無償トレーニング等を含む)を遵守すること
②弊社が指定した環境条件下で本対象機器を管理するとともに、日常する本対象機器の本体・ノズル周りの清掃点検等を実施すること
③本対象機器を別途合意した設置場所から移動させる場合、事前に弊社に通知すること
④本対象機器に故障が発生した場合、速やかに弊社に通知すること
⑤本対象機器の故障に関する情報及び本サービスの遂行に必要であると弊社が認めたデータを提供すること
⑥本サービスの遂行上必要なお客様の事業所内への弊社の立入を認めること
⑦前各号の他、本サービスの遂行に合理的に必要な協力を行うこと

6.お客様は、本サービスの実施に際し、弊社の責に帰すべき事由により損害を被った場合、直接かつ現実に被った通常の損害に限り賠償を請求することができるものとし、弊社は、それ以外のいかなる損害(他の機器、若しくは装置等への損傷又は不具合等の発生、特別損害(予見可能性の有無は問わない)、逸失利益、付随的損害、派生的損害、懲罰的損害その他類似の損害を含む)に対する責任を負わないものとします。なお、当該損害賠償額は、本サービスに関して弊社が受領した対価を上限とします。但し、当該損害が弊社の故意又は重過失により生じた場合はこの限りではありません。

7.お客様と弊社双方の権限ある者が別途書面に捺印等することにより合意した場合、又は弊社所定の申込書面に必要事項を記載の上弊社に提出し、弊社が当該申込内容を承諾した場合、当該合意事項に反しない限りにおいて、上記内容が適用されるものとします。

ページの先頭に戻る