Ethernet通信コマンド制御(コマンド単体)

Ethernet通信コマンド制御(コマンド単体)

Ethernet通信コマンド制御(コマンド単体)

PLC対応機種 KEYENCE KV-5000
対応機種 LM-2550 / LM-2500
概要 Ethernetによる通信コマンド処理で、レーザーマーカー*を制御するサンプルラダーです。内部デバイスをONすることで各コマンドを単体で処理します。

フローチャート

フローチャート

デバイス一覧

入力デバイス

なし

出力デバイス

なし

内部デバイス

デバイス名 入/出 用途 備考
MR000 入力 TCPオープン開始用内部スイッチ レーザーマーカーとの通信を開始します。
MR001 入力 クローズ開始用内部スイッチ レーザーマーカーとの通信を終了します。
MR010 入力 レーザ励起ON用内部スイッチ レーザー励起状態をONにします。
MR011 入力 印字ファイル選択用内部スイッチ 印字ファイルNo.1の選択処理を開始します。
MR013 入力 印字開始用内部スイッチ 印字処理を開始します。
MR014 入力 レーザ励起OFF用内部スイッチ レーザー励起状態をOFFにします。
MR015 入力 装置状態取得用内部スイッチ レーザーマーカーの装置状態取得を開始します。
MR100 受信設定完了 受信設定が完了したらONします。
MR800 装置状態取得コマンドON レーザーマーカーから装置状態取得を要求したらONします。
MR900 入力 受信完了確認 レーザーマーカーからレスポンスデータを受信完了したらONします。
MR1000 出力 エラーコード有/無状態 レーザーマーカーから取得した装置状態によってON/OFFを切り替えます。
MR1001 出力 レーザ励起ON/OFF状態
MR1002 出力 加工レディOFF/ON状態
MR1003 出力 シャッタ閉/開状態
MR1004 出力 加工開始待ち/加工中状態
MR1005 出力 正常/アラートあり状態
R30002 出力 TCPオープン要求 PLCからレーザーマーカーへTCPオープンの要求を出します。
R31002 TCPオープン完了 PLCとレーザーマーカーの通信が確立したらONします。
R30012 出力 クローズ要求 PLCからレーザーマーカーへTCPクローズの要求を出します。
R31012 クローズ完了 PLCとレーザーマーカーの通信が切断したらONします。
R30006 出力 送信要求 PLCからレーザーマーカーへ送信要求を出します。
R31006 送信完了 レーザーマーカーへの送信が完了したらONします。
R30008 出力 受信要求 PLCからレーザーマーカーへ受信要求を出します。
R31008 受信完了 レーザーマーカーからの受信が完了したらONします。
R31010 受信データあり レーザーマーカーからの受信データがある場合ONします。

データメモリ

デバイス名 用途 備考
DM10 装置状態取得コマンドに対するレスポンスデータを分割し、結果を格納。
DM900に格納されたレスポンスデータを" "(半角スペース)で分割し、DM11~DM81に格納する。
DM31~DM81の結果をそれぞれ、MR1000~MR1005に設定する。
装置状態取得のSPLIT関数の戻り値(分割数)
DM11 "RESULT"(固定)
DM21 "GETSTATUS"(固定)
DM31 エラーコード
0:正常、1~:発生しているエラーコード
DM41 0:レーザ励起OFF、1:レーザ励起ON
DM51 0:加工レディOFF、1:加工レディON
DM61 0:シャッタ閉、1:シャッタ開
DM71 0:加工開始待ち、1:加工中
DM81 アラート状態
0:正常、1:アラートあり
DM100 ソケット設定 自ポート番号
DM101 通信先IPアドレス(1/4)
DM102 通信先IPアドレス(2/4)
DM103 通信先IPアドレス(3/4)
DM104 通信先IPアドレス(4/4)
DM105 通信先ポート番号(LM-2550/2500)
DM106 送受信要求タイムアウト
DM200 受信設定(受信データ長(要求)) 0設定でパケット単位で受信
DM201 受信設定(受信データ格納オフセット)  
DM400 送信データ(レーザ励起)  
DM500 送信データ(印字ファイル選択)  
DM600 送信データ(印字開始トリガ)  
DM700 送信データ(レーザ励起OFF)  
DM800 送信データ(装置状態取得)  
DM900 格納デバイス レーザーマーカーからのレスポンスデータ

ラダープログラム

通信オープン処理

MR000をONするとレーザーマーカーとの通信を確立します。

ラダープログラム

レーザ励起

MR10をONすると、レーザ励起状態をONします。

ラダープログラム

印字ファイル選択

MR11をONすると、印字ファイルNo.1を選択します。

ラダープログラム

印字開始

MR13をONすると、印字を開始します。

ラダープログラム

レーザ励起OFF

MR14をONすると、レーザ励起状態をOFFします。

ラダープログラム

装置状態取得

MR15をONすると、レーザーマーカーの装置状態を取得します。

ラダープログラム

受信処理

  • コマンド送信が完了した時点で、受信処理の準備を開始します。
  • KVソケットの受信設定データをDM200~に書き込みます。
  • レーザーマーカーから受信したデータは、DM900~に格納します。

ラダープログラム

通信クローズ処理

MR1をONすると、PLCとレーザーマーカーの通信を切断します。

ラダープログラム

KV-5000 内蔵イーサネット設定方法

ユニットエディタ画面で以下の設定を行います。

ユニットエディタ画面

1. IPアドレス:PLCのIPアドレスを設定します。
2. KVソケット:TCPを選択します。
3. バイトスワップ:H→Lを選択します。

ダウンロード

「対象製品」:LM-2550/2500
「本ソフトウェア」:対象製品を外部に設置されたPLCによって制御するためのサンプルプログラム(ラダー言語)、およびそれに関連する電子文書

ソフトウェア使用許諾契約書

  • 以下の契約に同意されるお客様(法人を含み、以下同じ)のみに、本ソフトウェアをダウンロードおよび使用いただけます。
  • 本ソフトウェアのダウンロードまたは使用の前に、以下の契約を注意してお読みください。お客様には、参照のため本契約をプリントアウトすることをお勧めします。

上記各条項に従うことに

ページの先頭に戻る