RS232C通信コマンド制御(コマンド単体)

RS232C通信コマンド制御(コマンド単体)

RS232C通信コマンド制御(コマンド単体)

PLC対応機種 三菱製 Q00UJCPU(CPUユニット)+ QJ71C24N-R2(シリアルコミュニケーションユニット)
対応機種 LM-3200F PC / LM-3500F PC
概要 RS232Cによる通信コマンド処理で、レーザーマーカーを制御するサンプルラダーです。内部デバイスをONすることで各コマンドを単体で処理します。

フローチャート

フローチャート

デバイス一覧

入力デバイス

デバイス名 入/出 用途 備考
X3 入力 受信読出し要求 レーザーマーカーからデータ受信できた時にONします。
X4 入力 受信異常検出 レーザーマーカーからのデータ受信で異常を検出した時にONします。

出力デバイス

なし

内部デバイス

デバイス名 入/出 用途 備考
M0 送信完了ビット レーザーマーカーへの送信が完了したらONします。
M1 入力 ファイルNo.1選択 ファイルNo.を選択します。(予め、レーザーマーカーソフトウェアにて、ファイルの登録を済ませてください。)
M2 入力 ファイルNo.2選択
M3 入力 ファイルNo.3選択
M10 入力 LASER ON命令 LASER ONコマンドを選択します。
M11 入力 LASER OFF命令 LASER OFFコマンドを選択します。
M12 入力 LOADPROJECT命令 LOADPROJECTコマンドを選択します。
M13 入力 MARK START命令 MARK STARTコマンドを選択します。
M14 入力 MARK STOP命令 MARK STOPコマンドを選択します。
M15 入力 GETSTATUS命令 GETSTATUSコマンドを選択します。
M50 入力 受信完了チェック レーザーマーカーからの受信データ処理を開始したらONします。受信処理が完了するとOFFします。
M51 入力 受信完了ビット レーザーマーカーからの受信が完了したらONします。
M100 出力 コマンド送信開始 PLCからレーザーマーカーへ送信要求を出します。
M101 出力 コマンド送信パルス化 コマンド送信開始信号をパルス化します。
M120 出力 OK受信完了 レーザーマーカーから「OK」コマンドを受信したらONします。
M121 出力 エラー無し状態 レーザーマーカーから取得した装置状態によってON/OFFを切り替えます。
M122 出力 エラー有り状態
M123 出力 レーザ励起可能状態
M124 出力 加工レディ状態
M125 出力 シャッター状態
M126 出力 加工中状態
M127 出力 アラート状態
SM400 出力 常時ON 常時ONするリレーです。(特殊リレー)

内部デバイス

デバイス名 用途 備考
D0 送信チャンネル データ送信するチャンネルを指定します。
D1 送信結果 データ送信結果が格納されます。
D2 送信データ数 送信データ数を指定します。(このサンプルでは、バイト単位で指定)
D8 「CR」 「CR」の文字データです。受信データとの比較、送信データへの付与に使用します。
D9 「LF」 「LF」の文字データです。受信データとの比較、送信データへの付与に使用します。
D10 ファイル番号指定 LOARPROJECTコマンドで使用するファイル番号を格納します。
D11 送信データ 送信データを格納します。
D120 受信データ比較用「OK」 「OK」の文字データです。受信データとの比較に使用します。
D200 受信チャンネル データ受信チャンネルを指定します。
D201 受信結果 データ受信結果が格納されます。
D203 受信データ許容数 受信データ許容数を指定します。
D210 データ受信 受信データが格納されます。

ラダープログラム

コマンド送信開始

ラダープログラム

印字ファイル選択

ラダープログラム

受信データ比較

ラダープログラム

送信コマンド

ラダープログラム

送受信処理

ラダープログラム

装置状態格納

ラダープログラム

シーケンサ設定方法

本サンプルプログラムは下記のようになっています。GX Works2によりプログラムとPCパラメータをシーケンサに書き込んでください。

I/O割り付け設定

シリアルコミュニケーションユニットは、スロット0に取り付けてください。

I/O割り付け設定

スイッチ設定

スイッチ1、スイッチ2を以下のように設定しています。

スイッチ設定

数字の内容は下記を参照してください。
(MELSEC-Q シリアルコミュニケーションユニットユーザーズマニュアル基本編より引用)

スイッチ設定

シリアルコミュニケーションユニット スイッチ設定

レーザーマーカー側の通信設定と同じにします。

シリアルコミュニケーションユニット スイッチ設定

ダウンロード

「対象製品」:LM-3200F PC
「本ソフトウェア」:対象製品を外部に設置されたPLCによって制御するためのサンプルプログラム(ラダー言語)、およびそれに関連する電子文書

ソフトウェア使用許諾契約書

  • 以下の契約に同意されるお客様(法人を含み、以下同じ)のみに、本ソフトウェアをダウンロードおよび使用いただけます。
  • 本ソフトウェアのダウンロードまたは使用の前に、以下の契約を注意してお読みください。お客様には、参照のため本契約をプリントアウトすることをお勧めします。

上記各条項に従うことに

ページの先頭に戻る