ピックアップ

寒さに強い ドミノ製インクジェットプリンター


この季節になると、『インクジェットプリンタが不安定になり印字不良がよく起こる』、『起動に時間がかかる』 というお話をお聞きします。

よくある冬場のインクジェットプリンタのお困りごと

■ 朝、プリンタがなかなか立ち上がらない。
■インク粘度が安定しないため、印字乱れが起こる。
■寒暖の差が大きい環境や長期運転において、安定性に欠ける。
■粘度管理システムがうまく作動せず、インクが薄まりすぎる。結果、印字できなくなる。

そんな皆様に知っていただきたい・・・
寒ドミノ製プリンタが寒さに強い理由
お問い合わせボタン

寒いときに印字不良が起こるしくみ​

産業用インクジェットプリンタは、寒さによって固くなってしまった​インクに、粘度計で計測しながら​メークアップ​(薄め液)​を​少しずつ​加え​ていくことでインク粘度を適正値に​戻します。
この間に工場の​室温が上がってくると、インクの温度も上がるため、​寒さで固くなっていたインク粘度が自然​に​下がります。​しかし、寒いときに追加したメークアップ(薄め液)が​既に入っている​状態なので、今度は粘度が下がり過ぎて​しまいます。
メークアップ(薄め液)を​インクに​投入するのは簡単​ですが、抜くことはでき​ません。 ​そこで​またインクを追加するのですが…。これ​では粘度が適正値になるまでとても時間がかかります。 また、インク粘度が不安定​な状態なので、印字不良が発生します。

ドミノの場合は、ヒーター機能​によって、インクを温めながら温度も測り、メークアップ(薄め液)​を追加します。 これにより​少ないメークアップの投入で​、短時間での粘度の適正化​・安定化​が可能なのです。


しかも、プリンタ本体も、内部スペースに余裕がある設計なので周辺温度の変化の影響を受けにくく、 安定して稼働します。


寒い朝なかなかインクジェットプリンタが起動しなかったり、印字乱れが発生している等でお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。印字サンプルの作成も無料にて承っております。お客さまのご要望に合わせた印字・加工が可能です。


お問い合わせボタン

ピックアップでご紹介した製品はこちら

無料印字サンプル作成
&デモ依頼フォーム
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る